新宿のクリニックで肥大化した小陰唇を小さくしました

自慰のやり方が悪いと小陰唇が肥大化する

あるとき、自慰のやり方が悪いと小陰唇肥大化するという事実を知りました。

同じ場所に何度も負荷がかかることで、片側だけ大きくなることもあると知ったのです。

確かに、自分は毎回利き手で自慰を行っており、頻度も多めなのですが、そのせいか擦れやすいほうだけサイズが大きいと思っていました。

まさか自慰が原因だとは思っていませんでしたが、改めて鏡で見るとかなりバランスが悪くなっており、どうにかしたいと考えるようになったのです。

そのとき、ちょうど気になっている男性がいたのですが、小陰唇の肥大化に気づいてからは、付き合えたとしても身体の関係になることが怖いと思うようになっていました。

どうにかして小さくする方法がないかと調べていたところ、新宿にあるクリニックで肥大化を治すための治療が受けられることが分かったのです。

正直な話、そこまでする必要はあるのだろうかと思う気持ちもありました。

ですが、この部分が大きいことのデメリットを調べていると、確かに自分でも不便だと思っていたことがたくさんあったのです。

アンダーヘアの手入れをするときにカミソリで切りそうになったり、擦れて痛みを感じることがあったり、まさに自分のことでした。

更に好きな人に見られたときに悪い反応だったらと考えると、やはり施術を受けておいたほうが良いと思うようになったのです。

(C) 新宿のクリニックで肥大化した小陰唇を小さくしました